不倫男性の言葉は信じないこと

不倫相手の既婚者の男性の言葉はあまり信じないほうがいいと言われています。

真に受けていたのでは振り回されるかもしれません。

不倫をしたい男性は

不倫をしたい、浮気をしたいという願望を持っている男性は、言葉を上手に使って独身女性を虜にします。純粋な恋心を弄ばれる可能性があります。例えばこんなことをよく口にします。

「妻とはもう終わっている」とか「会話はほぼない」「夜の生活はもう何年もない」「家庭内別居している状態である」といったことがよく聴かれます。しかしこれは本当なのかどうか調べようがありません。根拠もないので、信じるには少し情報が少なすぎるのです。

信じたい気持ちは山々

相手がこのように言っているのだからと、信じたい気持ちもわかるのですが、信じてしまったのでは最終的に自分が辛くなってしまいます。実は家庭もうまくいっていて奥さんのこともとても愛しているのかもしれません。

あとで裏切られて後悔しないためにも、きっと嘘をついているのだと心のどこかで思っておいたほうがいいでしょう。そう思っていれば略奪しようという考えも浮かびません。

奪って自分のものにして略奪しようなんて思いを考えることはやめましょう。人から奪った幸せは長続きしないと言われていますし、人を不幸にして得た幸せなど、本当の幸せとは到底呼べないのです。ですから略奪しようなどという考えは決して持ってはいけないのです。

彼の言葉は話半分

これまでの話を踏まえて、彼の話す言葉は話半分で聞いておくようにしましょう。全てを鵜呑みにしてしまったら辛いのは自分です。

不倫が終わる時に、裏切られたと憎悪感を出さないためにも、話半分で真に受けない方がいいでしょう。

浮気相手、体だけの関係もありというのならアシュレイマディソンより会えるドエロい不倫サイトでパートナーを見つけるのもいいかもしれませんね。